1. 震災・原子力災害

  2. 歴史

  3. 体験

  4. 自然

  1. ペンギン

  2. 初発神社

  3. 双葉駅周辺

子どもたちの笑顔を作り続けたファーストペンギン

2020年10月1日。双葉町産業交流センターのオープンに合わせてフードコートに開店をしたファーストフードのお店「ペンギン」は、双葉町の住民にとってはとても懐かしいお店です。
創業は1982年。元々は双葉駅前に店舗があり、駅を利用する地元高校生に愛されたお店でした。

エピソード

開店当初は、ドリンクやアイスクリームなど冷たい食べ物を提供していたので、「寒い地域の動物名前がいいのでは?」ということでペンギンという名前なったそう。
お店は地元の高校生で賑わい、学生たちの笑顔あふれる憩いの場となっていました。ペンギンに通う高校生の意見を踏まえてメニューも開発。そのスペシャルカツサンドは再開した店舗でも販売し、ボリューム満点の一品です。
そのほかにも、気まぐれメニューと称した季節限定の商品も並び、毎回違う味が楽しめるのもペンギンならではの楽しみ方にもなっています。

【最近の出来事】
ファーストフード店「ペンギン」復活!(福島民友)

営業時間

10:00-16:00

定休日

不定休

食べログ

食べログ